Growth Coaching Office(グロウスコーチングオフィス)

その瞬間にあなたは変わる―苫米地式コーチングでより充実した人生を!

コーチングとは?

語源と簡単な歴史について

まず「コーチ(coach)」ですが、その語源は16 世紀頃ハンガリーのコチという都市で生産された馬車(その客車のこと)にあると伝えられています。


その後、19 世紀、主に英国の大学において、学生の学習指導補助を行う人々(家庭教師のようなもの)に対して使われるようになりました。


やがて、時を経て米国において能力開発・人材育成の手法として用いられ、多くの分野、企業や組織において目覚しい結果を生み、同時に時代の最先端の知見を取り込みながら洗練していくことで、「コーチング(coaching)」のメソッドが確立されました。


一般的に考えられている「コーチ」との違い

世間一般でもコーチという名称が使用されています。


たとえば、野球などではバッティングコーチやピッチングコーチ、その他のスポーツにおいてもコーチという名称で活躍されている方は多数存在するでしょう。


しかし、そのような個別具体的な技術指導等を行う方は厳密にはコーチではなく、インストラクターに該当します。


近時、巷間で流行している一部の「コーチング」とその問題点

米国でのコーチングプログラムの成功、そしてそのメソッドが多数のコーチ、団体に継承されて日本にも伝わる様になってきたこともあり、「コーチング」というものが我が国でも少しずつ認識されるようになってきました。

しかし、そうした中で「コーチング」という言葉が一人歩きを始め、書籍や動画などで少々見知った程度の知識や、中途半端な理解のままに携わる「自称コーチ」や、もはや時代遅れになりつつある旧来のパラダイムに則って実施されるコーチングプログラムも依然として存在しています。


その影響もあってか「コーチングは使えない」「役に立たない」という評価が一部で生じてしまっているのも事実です。

特に弊害なのは、そうしたものをクライアントに用いることで、かえってその方を目標達成から遠ざけ挫折させてしまったり、能力開発どころか能力そのものや、自己のそして他者からの評価を低下させる結果に導いてしまったりすることです。


本当のコーチングで行う事

上記「語源と簡単な歴史」の中で、コーチの元来の意味は馬車から始まり、時を経て能力開発・人材育成のメソッドとして用いられるようになったと述べました。


馬車の行先を決めるのは、馬でも御者でもなく、客車の乗客です。
コーチングに置き換えてみると、クライアントが客車の乗客であり、コーチはその行先に向かう為のコントロールを行う御者の様な存在ということができます。


つまり、コーチングにおいては、行先、すなわち人生のゴールを決めるのはあくまでクライアントであり、御者のコーチではありません。


コーチの役割はクライアントがゴールを達成する為の方法を伝えることです。
しかもその方法とは、具体的なhow toではなく、「ゴールを達成する為のマインドの使い方」です。


しかもそのゴールとは、現在のその人の状態、すなわち「現状」と「その現状がそのまま継続したとしたらやがて訪れるであろう延長線上の未来」(status quo)ではなく、「本当に実現したいゴール」、つまり「現状の外」にある「自身が本当に実現したい未来」「理想の自分」を指します。


このように本当のコーチングは、クライアントの限りない可能性と未来を切り拓くものなのです。


「苫米地式コーチング」の特徴について

「苫米地式コーチング」は、認知科学者である苫米地英人博士が、最先端の機能脳科学・認知心理学をはじめとしてあらゆる学問、ご自身の実践の成果をふんだんに取り入れて構築してきた、理論・実践共に世界最高峰レベルのコーチングメソッドです。


苫米地博士は、米国におけるコーチングプログラムの開発と普及でも重要な役割を果たし、また、ご自身もそれ以前から「脳と心」変革の為の実践・方法論等(マインドエンジニアリング、内部表現の書き換え)を展開なされており、現在も絶えずアップデートを続けています。


一般的なコーチングにおいては、言語をベースとし、クライアントの自発的な変革を促して、ゴール達成に導いていくことを主としますが、その際、通常「介入的」な方法論は用いません。


対して「苫米地式コーチング」では、コーチがクライアントに対して「介入的」な手法を用い、言語は勿論、のみならず言語外の方法論(非言語ベース)によるアプローチによることで、無意識のレベルから直接的に変化を促していきます


そうしてクライアントの「本当に実現したいゴール」、つまり「現状の外」にある「自身が本当に実現したい未来」「理想の自分」を実現するためのマインド創造を、コーチが強力にサポートしていきます。


これにより、人生において絶えずゴールを達成し、更新し続ける為のマインドの使い方を身につけることができ、継続的に結果を出していくことが可能となります!


コーチングセッションを受講する事でどのような成果が得られるのか?

コーチングでコーチがクライアントに伝えることは、具体的なゴールの内容ではなく、「ゴールを達成するためのマインドの使い方」である、と先に述べました。


どのような分野に携わるにしても、その人のマインド(「脳と心」)を抜きにしては語れません。

したがって、このマインドの使い方をしっかり体得できれば、セッション期間中は元より、この先の人生においてどのようなゴールを新たに描いたとしても、それを達成し、結果を出し続け、更に先へ、その先へと進んでいくことが可能となります。


成果がいつ実現するのかも、人それぞれです。

申し込みを終えられた段階で、当初から悩んでいたことが解決してしまった方もいらっしゃれば、セッション期間中にある日突然、かねてから達成したいと考えていたことが実現した方もいらっしゃいます。

そうかと思えば、受講後しばらくしてから突如として物凄い勢いで物事が動き始め、気が付いたらあっという間に達成してしまった!という方もいらっしゃいます。


クライアントの方からご報告頂いた成果の一例を挙げれば、

・新しい仕事が見つかり、年収も一気に倍増した
・本当にやりたいことが見つかって、毎日の生活が楽しくなった
・長年こじれていた人間関係が一気に解決した
・トラウマと診断されて悩んでいたことが無くなった
・スタッフにも活気が出て、職場の雰囲気が非常に明るくなり、良い職場環境が実現した

といったように、それぞれ望んでいたゴールをどんどん実現されています。
(※以上はクライアントの方のご了承を得て簡略化の上、記載しております)

達成したいゴールの内容は人それぞれですので、100人いれば100通りのゴール、100通りの成果ということになり、一つとして同じものはありません。

コーチングで是非、心から望むゴールを達成し、ご自身とそして関わる多くの方の人生を豊か(rich)なものにして頂ければと思います!